ハイドロキノン配合の美白コスメを選ぶポイント

ハイドロキノンは肌に浸透しにくい!

美白化粧品を選ぶときに、ハイドロキノン配合なら良いというわけではありません。ハイドロキノン配合のコスメを使っているのに、美白が実感できない方も多くいます。理由は、人間の肌は皮脂(油分)に覆われており、ハイドロキノンは水溶性なので、肌の深部に位置するメラニンを生成するメラノサイトまで浸透しにくいからなのです。ハイドロキノンのような最も有効的な美白成分でも必要とする場所まで届けなければ、結果にはつながりません。つまり、本来の美白効果を発揮させるには、水にしか馴染まないハイドロキノンを効果的に肌の奥まで浸透させることが必要なのです。ハイドロキノン配合の美白コスメは、浸透性があるかどうか、浸透テクノロジーが採用されているかどうかで選ぶ必要があります。


ハイドロキノンを肌に浸透させる美白化粧品はコレ!

ハイドロキノンが肌の奥まで浸透する、おすすめの美白コスメ

ビーグレンの浸透テクノロジーで白さ実感!

ハイドロキノンは、シミに高い漂白効果があるので、最近ではハイドロキノン配合の美白コスメも増えてきました。しかし、ポイントでもお伝えしたように、ハイドロキノンは、そのままでは肌に馴染みにくく、酸化しやすいという性質を持っています。浸透しないまま酸化してしまうのです。それでは、美白効果は生まれません。そんな欠点を解決するため、ビーグレンは独自の浸透テクノロジーを採用。ハイドロキノンを肌の深部の必要とする場所に確実に届け、本来の効果を発揮させることを可能にしました。 ビーグレンのホワイトニングシリーズには、シミを漂白するハイドロキノンのほかに、予防型のシムホワイト377、抗酸化型のビタミンCなどが含まれています。これらの美白成分も水溶性なので、ハイドロキノンと同様に肌に浸透することが困難ですが、ビーグレンの浸透技術はすべての成分をしっかり浸透させ、ハイドロキノンの働きをサポートし肌の透明感を何倍にも引き出します。 シミ消す化粧品

ビーグレンのトライアルセットは5つのアイテムが入っています。洗顔料、化粧水、美容液、美白クリーム、保湿クリームです。 特に人気が高いのは美白美容液です。ビーグレン以外にも人気の美白美容液がいくつかあります。 おすすめの美白美容液


世界特許の浸透テクノロジー ビーグレンの公式サイトはこちら

ハイドロキノン配合の美白コスメでビーグレンがおすすめの理由

W効果で美白効果が実感できる

多くの美白コスメに配合の美白成分は、メラニンの発生をおさえてシミを作らせないようにする予防型と呼ばれるものです。これからできるシミ対策にはなりますが、できてしまったシミを薄くする効果はあまり期待できないでしょう。ビーグレンは、漂白型の今ある濃いシミを薄くするハイドロキノンと、新たなシミを作らせない予防型成分配合し、浸透テクノロジーのW効果で実感できる輝く肌色へと導きます。

ピュアビタミンCがシミの原因を消す!

シミができにくい肌を作るためには、シミの原因となる活性酸素を消去する働きのあるビタミンCが効果的です。ビタミンCには、ビタミンC誘導体とピュアビタミンC(アスコルビン酸)の2種類あります、普通は肌に浸透させるためにビタミンC誘導体が使われますが、活性酸素を消去する働きに優れているのは、高濃度のまま届けることのできるピュアビタミンCです。ビーグレンは浸透テクノジーで、ピュアビタミンCをしっかりと肌に浸透させてシミの原因をなくしていきます。

注目のシミ予防成分シムホワイト377

ビーグレンにはシムホワイト377が配合されています。シムホワイト377は、現在、最もシミ予防効果がある美白成分です。シミをできにくくする美白成分は数多くありますが、シムホワイト377は、代表的な成分のコウジ酸に比べて20倍以上の効果が証明されています。肌への刺激は非常に少ない上に、できてしまったシミを薄くする効果もあるので、世界中の化粧品業界 注目の成分です。


ビーグレン公式サイトへ

その他の記事

脱毛をする男性も増えています。男性の場合は、特にヒゲの脱毛が人気です。毎日ヒゲ剃りをしていると、お肌を傷めてしまい肌荒れやニキビ、シミの原因となることもあります。ヒゲ脱毛をすれば毎日のヒゲ剃りからも開放され、お肌を傷める心配もなくなります。忙しい朝のヒゲ剃り時間も節約できます。ヒゲ脱毛でおすすめのクリニックはこちら